性器ヘルペスは性器だけではなく、口にも感染しますので注意してください。こちらでは性器ヘルペスがどのようにして感染していくのかを皆さんにお伝えてしていくので、感染しないためにも参考になさってください。

免疫不全症では注意が必要なヘルペスと疾病の一覧 

ヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルスとよばれるウイルスに感染したことにより発症する病気を指しています。
このウイルスはごくありふれたものですので、くちびるのまわりに小さな水ぶくれができて腫れたり、つぶれて炎症を起こしたりする口唇ヘルペスについては、子供のころにかかった経験のある人がかなり多いものです。
通常は抗ヘルペスウイルス薬を投与して治療を行いますが、実は数週間もたてばかさぶたができて、自然に治癒してしまうこともあります。
ところが、同じウイルスがヘルペス脳炎とよばれる重症の急性脳炎を引き起こすこともよく知られており、このような状態になった場合には、発熱などのほか、幻覚や異常行動などもみられるようになり、ときには死亡に至るケースもあります。
人間の身体には、外部から病原菌などの敵がやってくると攻撃して排除するように、免疫機構が備えられているものですが、この免疫機構がなんらかの原因ではたらかない状態を、免疫不全と呼んでいます。
免疫不全に陥っているような人は、ヘルペスのようなありふれたウイルスでも注意が必要であり、治療には通常と同じく抗ヘルペスウイルス薬を投与するといっても、静脈注射のような確実な方法をとることになります。
免疫不全がかかわるような病気は、一般に免疫不全症と呼ばれており、その一覧は医学辞典などのウェブサイトなどにもよく掲出されていますので、こうした一覧を見ると、他にも気管支炎、肺炎、骨髄炎などのさまざまな感染症にかかりやすいということがわかります。
また、免疫不全症の治療にあたる病院の一覧についても、大学病院やこども病院などのウェブサイトに記載があることが多いため、参考にするとよいでしょう。