性器ヘルペスは性器だけではなく、口にも感染しますので注意してください。こちらでは性器ヘルペスがどのようにして感染していくのかを皆さんにお伝えてしていくので、感染しないためにも参考になさってください。

無料検査も不要なヘルペスウイルス感染と治療方法

単純ヘルペスウイルスに対する感染症として知られているもので有名なものには二つあります。一つが口唇ヘルペスであり、もう一つが性器ヘルペスです。感染する部位とウイルスの種類が異なることで分類がなされているものの、生じる症状は類似したものであり、水泡が生じて痛みやかゆみを伴うのが特徴です。一度感染してしまうと再発するリスクが高いことが知られており、完全にウイルスを除去できる治療方法は確立されていません。しかし、症状をなくしてしまうのを助ける治療薬は開発されており、アシクロビルやバラシクロビルを含む製剤を用いた治療方法が確立されています。単純ヘルペスウイルスに対する感染症は完治させることは難しいものの、コントロールして恐れずに付き合っていくことは難しいことではありません。そういった考え方で確立された治療方法があるということを知っておくと、ヘルペス感染が疑われた際には治療に赴く足取りが軽くなるでしょう。多くの性感染症については保健所で無料検査が行われていますが、ヘルペスウイルスに対しては無料検査が実施されていない傾向があります。これは見た目ですぐに診断ができるから無料検査を実施する意味があまり大きくないのが主な理由です。また、無料検査でよく行われる血液検査では抗体を見つけられないということから、検査項目に含まれていないのが一般的となっています。しかし、見た目にも明らかな水泡が生じることから専門医にかかれば一目瞭然であり、速やかに適切な治療方法を提示してくれるでしょう。医療機関にかかる勇気とヘルペスウイルスをうまくコントロールしていくという意識を持てばそれほど恐ろしい病気ではないということを肝に銘じておくことが大切です。